オーストラリア・ケアンズでの生活費

オーストラリアのケアンズに2週間半だけ語学留学に行ったことがあります。

この留学はパッケージのようになっていたのですが、最初に払った費用は20万円も行っていません。

18万円前後だったのですが、その中に含まれているものは、往復の航空券、ホームステイ代(2食込み)、語学学校費用とイータスという観光ビザのようなものがオーストラリア入国時には必要になります。

その費用も含まれています。

それ以外に私は交際費やお土産代として10万円ほど用意していきました。

トータル30万円ほどということだったのですが、結局、オーストラリアでは食費も昼御飯だけ払えばよかったですし、自転車での移動となったので交通費もかかりませんでした。

かかったものはグレートバリアリーフへのツアー代、それに交際費と毎日のお昼ご飯代とお土産代で、トータル5万円前後しかかりませんでした。

当時、そんなに娯楽施設がなかったのでお金を使う所がなかったというのもこの結果につながりました。

Read More投稿者: laughtus3-2オーストラリア・ケアンズでの生活費 はコメントを受け付けていません。

ニューヨークで最高の英語体験を行っていく

ニューヨークは多くの方にとっても大変重要な街として知られています。いかにして素敵な体験を行っていけるかどうかはとても重要な問題となります。普段から自分の好きな事を行っていく事は大変重要な事となります。ニューヨークは多くの方が年間を通じて来訪する大変重要な世界の拠点として存在しています。自分らしい時間をいかにして楽しんでいけるかどうかは自分の目的をきちんともって行っていけるかどうかにかかってきます。私は英語学習と趣味のダンスを本場で体験していきたいと考えのもと大学生の時にニューヨークに留学を決意して1年間の海外留学を行っていきました。多くをそこで経験を積んでいく事でより素敵な体験を存分に味わっていく事が可能となるのです。英語の本場であるので、大変多くの留学生が海外から訪れる国ですので、そのような点からしても長いようで大変短い海外滞在であると感じました。治安の面もあるので、なるべくしっかりとした場所に住みたいと考えていたので留学斡旋会社から紹介して頂いた物件に住む事とします。普段の成生活をシンプルにする事で、費用面でも十分な生活を送っていく事は十分に可能となるのです。素敵な時間をいかにして送るかはとても重要な事です。若い内に素敵な海外体験を行なっていきましょう。

Read More投稿者: laughtus3-2ニューヨークで最高の英語体験を行っていく はコメントを受け付けていません。

スペイン留学3ヶ月にかかった費用

スペインのセビージャに半年とサラマンカに3ヶ月ほど留学していました。

私が留学までに貯めた費用は250万円です。

ただし、これを全て留学に使おうとは思っていませんでした。

留学後、帰ってきてからはしばらく仕事も見つからないだろうと思ったので、その分も含めています。

ということで、予算は150万円から200万円でした。

実際かかった費用を言うと、大体100万円くらいでした。

航空券に20万円、学校代は最初に半年間ホームステイをしようと思って、それを込んだ値段で45万円ほど払いましたが、途中からシェアに変えたので結局は30万円ほどで済みました。

さらに、サラマンカの方の学校代が10万円ほどで、残りは生活費などに50万円という感じでした。

生活費というのは家賃に食費、交際費や最後に買うお土産などが含まれているのですが、かなり食費も切り詰めていたのでこのくらいの値段で済みました。

おすすめはやはり外食はできるだけ控えるということが費用を抑えるのにつながります。

Read More投稿者: laughtus3-2スペイン留学3ヶ月にかかった費用 はコメントを受け付けていません。

アメリカ留学5ヶ月でかかった経費の合計は

20年ほど前になりますが、テネシー州立大学のIntensive English Program(英語集中クラス)の授業を

受けました。

留学生向けのもので、正規の学生になる前にこの英語クラスの授業(レベル1から6)を受けて、最後の

レベル6を履修したらTOEFLの点数は関係なく、正規の学生になれるという仕組みのものでした。

これは短期留学も受け入れていたので、私はこの英語クラスを2TERM受けました。

1TERMの期間はは2ヶ月間でした。

1TERM終了すると2週間くらいの休みがあったので、トータルの滞在期間は約5ヶ月間です。

テネシー州メンフィスから車で2時間半ほどのところにある小さな町だったのですが、路線バスが無く、

交通手段は基本的に車だけで、知人をつてに中古車を1,000ドルで購入し、帰国前に600ドルで留学仲間に売りました。

当時はかなりの円高で1ドル75円台くらいでしたから、航空券代、授業料、生活費、アパートのRENTを

含めても合計70万円くらいだったと思います。

航空券は、格安航空券を扱う旅行代理店で最安値を教えてもらい、アメリカン航空を利用し、往復で

12~13万円だったと思います。

授業料は1TERM1,800ドルくらいで、アパートの賃貸料金は一ヶ月当たり400ドル(2LDKで光熱費・

水道代含む)でした。

節約のため、基本的に自炊が多かったので食材費は一ヶ月当たり250ドルくらい(外食をしても一回

あたり10ドルいくかいかないか)でした。

とても小さな町だったので出歩くところもほとんどなく、自宅と学校の往復が基本で、たまに他州の

スーパーなどに買い物に行ったり、アウトレットショッピングモールに行くくらいでした。

ガソリン代は当時日本の4分の一だったので、1ガロン(約4リットル弱)で1ドルほどでしたから、

1リットルあたりにすると20円くらいでしょうか。一ヶ月に2回くらい給油するペースだったので、

一回あたり約20ドルで、滞在中10回前後給油して約200ドルだったと思います。

Read More投稿者: laughtus3-2アメリカ留学5ヶ月でかかった経費の合計は はコメントを受け付けていません。

ヨーロッパへの留学はこうすれば安く抑えられる!

ヨーロッパへの留学を考えているという方は多いと思います。

イギリスでもスペインでもイタリアでも、どこのヨーロッパの都市へ行かれる際にも北回り、つまり北半球を通っていくのがヨーロッパへの最短ルートとなりますが、この場合、ちょっと高くつきます。

ただし、時間は12時間前後でどの都市にも日本から着きます。

それを安く抑えたいという時には南回りでシンガポールやタイなどを経由していくのですが、時間は乗り継ぎ時間によってはトータルで24時間前後かかることも多々あるので、それなりの持久力が必要になってきます。

格安航空券で片道分を捨てるという場合にはむしろ値段は北回りの方が安くなるかもしれませんが、1年や半年などのオープンチケットで購入する場合は10万円前後の値段の違いが出てくることもありますので、費用を抑えたいという方には南回り経由をおすすめします。

疲れるかもしれませんが、マイレージも稼げるというメリットもあります。

Read More投稿者: laughtus3-2ヨーロッパへの留学はこうすれば安く抑えられる! はコメントを受け付けていません。

航空券を安く買うために@アメリカ

アメリカに留学をしていた当時、3つの州にすみました。最初に行った時は、高校生で寮生活だったので、航空券の手配は、すべて学校任せで、学校から出させた値段で飛行機チケットを買っていたので、値段は、言われるがままでした。卒業後、大学へ入り、航空券を買うのは、マイレージがたまる航空会社からにしました。旅行会社を知らなかったので、直接、航空会社に電話をし航空券を買いっていました。最後に済んだ州では、日本人が多いところだったので、いろいろな情報をもらうことができ、旅行会社も日本人の人が経営しているところを知りました。安く飛ぶために、日にちを幾つかだしました。日本までの直行便がない場所だった止め、乗り換え地も値段に左右されるということがありました。便利なところ、人気な路線、週末は高いので、それらを避けるような形でチケットを取るようにしていました。日系の航空会社は、基本、一番高かったです。クレジットカード払いにすると、日本円に換算しての支払いだったので、為替により、支払い方法を決めていました。

Read More投稿者: laughtus3-2航空券を安く買うために@アメリカ はコメントを受け付けていません。

スペイン・サラマンカの物価

スペインのサラマンカというマドリッドからバスで2時間半くらいの町は、日本の大学とも姉妹校を組んでいるサラマンカ大学がある所として知られています。

日本からの留学生も少なくありません。

そんな学生都市、サラマンカへ留学した際の物価についてご紹介しましょう。

まずはサラマンカ大学の学食です。

これは一般の方であっても普通に入場できるので、とにかく安く量が食べたいというかたにはおすすめです。

値段は3.3ユーロで、そのころのレートでいえば400円もかかっていません。

それなのにパスタにサラダ、メインの肉にデザートまでついて、さらにワインとパンはスペインらしくテーブルに設置してあるので取り放題です。

男性であってもかなり満腹になる量です。

そして、もちろんスペインですからバルもあります。

当時はビールや炭酸飲料などの飲み物は0.8~1ユーロで100~120円前後でした。

場合によっては飲み物ごとにオリーブなどの簡易的なおつまみもついてきます。

Read More投稿者: laughtus3-2スペイン・サラマンカの物価 はコメントを受け付けていません。

自分で手配して留学費を抑えたこと@カナダ

過去にカナダへ1年間語学留学をしたことがあります。最初はどう準備をしたらいいのかがわからなかったので、留学エージェントなども調べていましたが、なるべく留学費用を抑えたかったので全て自分で手配をすることに決めました。そのため、留学期間1年間で、学費や滞在費生活費も含めて150万円くらいで済みました。

まず最初に航空券を手配しました。その後、学校なども探して日本から申し込もうと思いましたが、現地のエージェントの方が割引が大きいことを知ったので現地で体験入学をしてから決めることにしました。ホームステイには興味がなかったので、最初の1週間だけ日本から宿を取り、現地に着いてからシェアハウスと学校探しをまずしました。現地のエージェントに行くと、学校の情報だけでなく、シェアハウスの情報などもあったのでどちらもすぐに決めることができました。

学校に通ったことで友達も増え、1年間で日常会話からビジネス英語まで学ぶことができました。今でも時々連絡を取り合う仲間もでき、有意義な留学体験でした。

Read More投稿者: laughtus3-2自分で手配して留学費を抑えたこと@カナダ はコメントを受け付けていません。

10年間の留学生活トータル費用

高校2年から10年間アメリカに住んでいました。為替によりますが、当時1ドル150円でした。途中で、一時期1ドル八十円になった時期もありましたが、平均して1ドル100円ぐらいの計算でしてみます。大学を卒業後は、現地採用で働いていました。最初に高校で留学した時は、英語も苦手だったので、英語特訓コースのようなものに入ることも条件で、余計にお金がかかりました。寮生活を合計3年間、一人暮らしを合計7年間しました。学費のみで、年間450万円ぐらいだっと思います。その他に、寮生活、一人暮らしの家賃などもあり、年間を通して、700万-800万円かかっていました。働き始めてからは、家賃ぐらいは自分で払えましたが、仕送りをしてもらわないと無理でした。家賃もなるべく安いところで選びましたが、治安があまり良くないところは怖いので、多少、高くなりますが、治安を優先しました。10年間の合計は、8000万を超えてしまっていると思います。サポートしてくれた親に感謝しています。

Read More投稿者: laughtus3-210年間の留学生活トータル費用 はコメントを受け付けていません。

1年生からバイトはじめてイギリスへ

大学生になると、学校と提携を結んでいる学校へ留学できる制度が整っているところもありますね。私は交換留学生として、現地の授業料は免除の留学をしました。お金がかかるからと留学しない人もいますが、大学生になった当初からイギリスに行こうと決めていた私は、1年生のころから始めたアルバイト代でまかなえました。留学期間は1年で、行先はイギリス、飛行機代は往復で20万円、保険が20万円、寮費が70万円(朝・夕の食事付き)でした。しかし、返金しなくても良い奨学金を44万円もらったので、必要経費は66万円です。その他、現地で買った携帯代やお土産代、旅行代を合わせるともう少ししますが、週に2,3回、4時間ペースで時給800円のバイトを2年間続けると100万円は貯まります。私はそのお金で留学に行けたので、費用面は親に後払いでも問題なく留学はできると思います。個人的に、「費用がかかる」は留学に行けない言い訳にはならないと思っています。どこかで不安があるならば、それ以外の不安を取り除くべきでしょう。

Read More投稿者: laughtus3-21年生からバイトはじめてイギリスへ はコメントを受け付けていません。